NEWS

ホームページが重くなる原因と対策【WordPress】画像編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

WordPressで作ったホームページがいつの間にか重くなっていると感じることがありませんか?私もいつも悩みの種になる部分の一つではありますが、原因にはさまざまあると思います。そんな中、今回は画像のサイズや画像の大きさについて書きたいと思います。

初めてホームページを構築したり、まだ慣れていない方などに気を付けてもらいたいことの一つですが、画像がどのくらいのデータ量になっているのか確認をしてください。最近の一眼レフはとても性能がよく
入門機といわれているCanon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9 でさえ画像サイズは2420万画素もあります。おおよそではありますが、2400万画素は1枚あたり10MB(メガバイト)と呼ばれる大きさのデータになります。

画像は極力軽く小さくする

おすすめする考え方として、画像のデータ量はなるべく小さくしてください。いまはパソコンよりもスマホでページを見られる方が多いですし、大きなデータだから綺麗に映るというわけではありません。適切なサイズがあれば十分にきれいに見えますので、重たすぎて表示が遅くなり見られないページよりも、軽くて見られるページ作りをこころがけてください。

カメラの記録サイズを小さめに設定をする

最初からカメラ本体の画像記録サイズを小さめに設定をしておくのも一つの方法です。これはパソコンで画像処理を行わずにダイレクトにブログに写真をアップされる方にお勧めをしたいです。いまはプリントされることは、ほとんど少なくモニターやスマホ・パソコンの液晶で見られることがほとんどです。モニターの質によっても綺麗さや色合いなどは変わってきますので、ここでも「データが大きければきれいに映る」という考え方は捨てられたほうが良いと言えます。

画像処理ソフトで小さく書き出す

アドビシステムズのLightroomやPhotoshopなど画像処理ソフトを使っている方は多いと思います。もし一度ソフトで処理をされる場合には、書き出しのサイズに注意をしてフルサイズでの書き出しはおすすめしません。ここでも適切なサイズとデータ量を意識して、小さく必要最低限度のサイズで書き出すようにしてください。 Lightroomは特に便利なソフトですので、通常のカメラマンや写真愛好家の方であれば、このソフトが一つあれば十分であると感じています。

TinyPNGで画像を軽くする

パンダのイラストで印象的なこのTinyPNGというサイトがあります。ここに画像をアップロードすると画像の質を落とさずに、データ量を小さくしてくれるすぐれものです。私もWordPressに画像をアップする際には、必ずここにアップしてサイズを小さくしてから追加するようにしています。なかなか手間がかかる作業ではありますが、この作業を行うことで大きな差がついてきます。ちょっとしたことではありますが、ぜひこれからブログを書いてみようと思っている方や、ホームページが最近重くなってきたと感じている方はぜひ実践してみてくださいね!

画像をアップロードする際にはファイル名に気をつけて!

最後に備忘録として一言。みなさんWordPressに画像ファイルをアップロードする際、そのままのファイル名でアップしていませんか?まだホームページを作りたての際はそれでもいいかもしれませんが、1年~2年ほど継続され小まめに記事を書いている方は気づかれると思います。画像が多くてどれがどの写真なのか分からなくなってきます。昔にアップした写真を、新しいブログで使いたいなと思っても画像を一枚一枚目でみて探すことになります。すぐ探せればいいのですが、この作業を簡単にする方法として、ファイル名もしくはタイトル名をわかりやすい名前に書き換えておくようにしてください。これは仕事で運用する方は必須のテクニックです。大規模案件になりますと写真の枚数は数千件に上りますので、もう探せませんよ(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*